突発性難聴・耳鳴り・耳閉感・めまい・メニエールの鍼灸治療| 岩国・東広島・呉市・福山市・廿日市市から来院



【突発性難聴・耳鳴り】

どうして当院の院長は広島の多くのドクターから
突発性難聴、耳鳴り、低音障害型感音難聴の
患者をたくさん紹介していただけているのか?


耳鳴とは?耳鳴に対する考え方は?

耳鳴とは外界の音刺激がないのに自覚的に感じられる音感覚を意味し患者のみに聞こえる一種の聴覚障害であります。一般的に原因には感覚器官の興奮によるものがあり音を感覚する神経の異常興奮などによるものです。この場合後頚部や側頭部への置鍼にて早期に回復が期待できます。

もう1つは伝音器官の異常によるもので音を伝える中耳にある耳小骨筋の痙攣や内耳付近の血液の流れを耳鳴として感じます。この場合は耳の前にある耳門穴を使い内部の循環を良くします。この耳門穴への鍼は中国で良くおこなわれている方法ですが刺入には経験が必要で上手くはいりにくいツボです。当院では日本人向きに細い鍼を使用していますが技術がかなりいるでしょう。坐骨神経痛の環跳穴もそうですが良く効くツボほど刺入が難しく上手に針を刺すには何年もかかります。

まず耳鳴があれば鍼灸院に来るという患者さんも多いのですができればまずは専門医への受診をお願いします。理由には腫瘍や脳血管障害の場合も耳鳴はおこるからです。耳垢が鼓膜にたまることによる原因もあります。専門医にて脳の原因でなく緊急性はないといわれればぜひ早期に鍼灸治療をお受けください。
もちろんですがその際は西洋医学との併用をお願いいたします。


当院での耳鳴り治療における統計では

肩首のコリや仕事・家庭間などストレスから耳鳴が発症する
ケースが多いように感じています。

またそのほかにも当院でよくみられる原因不明の耳鳴り発症のケースは
・患側がわの首や耳後ろあたりの異常なこり
・睡眠不足、食事のしかたなど日常のリズムが大きい方
・大きなショック・ストレスな出来事があった場合
・薬を急に止めたりした場合など
・うつ病などと同時に発症
・急なダイエットなど
・風邪などの熱病の後

上記のどれかのケースが多いと最近の臨床で感じていますのでそれらの治療を一緒におこなっています。逆にいえばこれらが耳鳴りといっしょにある場合はおすすめでもあります。


さまざまな耳疾患への中国鍼治療紹介

◎耳鳴の基本的鍼治療

1、まずは首肩こりから発症しているケースについて
2〜3回にて耳鳴が改善するケースもありますがコリの強さによっては数回かかります。ポイントとしては耳鳴りの症状がメインでして他には症状がない場合も良く聞いてみれば首肩こりは慢性的にあるといいます。このような場合は首凝りが原因であるケースが多いです。基本的には頚部と側頭部と耳周囲のシコリをさがしていきそこをツボとします。また特効穴として耳門や聴宮や角孫やエイ風などをとります。まず簡単なやつはこれだけで治っていくケースもありますので多くの1回目はこれでいきます。

ただし頑固な方は肩こりは首肩のコリだけをとっても変わらなくなるくらい悪化している場合があります。その場合は2回目は耳周囲の深いポイントがコリかたまっている事がありその部分を入念に鍼にてほぐさなければいけません。かなりのストレスがある患者さんに多いポイントです。中医学的には少陽経への問題が多いため中諸、外関、臨泣、三陰交などにも置鍼します。


2、仕事や家族間でのストレスなどが原因で発症してくるケース
1ヶ月の治療期間をようしジワジワと治していく気持ちでおこないます。イメージで言えばもちろん耳鳴りもありますが他にも多くの症状を訴えます。多くはめまいなどのフワフワ感や自律神経から来る多くの症状を訴えます。またうつの症状が出ている方もいます。自律神経失調症などストレスなどからの原因の耳鳴が最近増えてきたように感じます。この場合は肩こりだけでなく慢性的なストレスが原因であるため鍼治療だけでなく痛くないさすったりあてるだけのてい鍼や熱くない温灸などさまざまな手法もよりいれます。同時に耳鳴りだけでなくメニエールやうつ病など多くの自律神経症状を訴えるケースにも多いので併用して一緒に治療をしていくケースも多いです。何か時代の変化を強く感じています。精神ストレスだけでなくパソコンなどの電磁波ストレスも原因のように思います。治療としては自律神経を訓練していく必要がありその治療もポイントであります。


3、 それ以外のケースでは以下のものがあります

・すでに1・2の両方同時の原因により発症している場合
・西洋医学においてウイルスなど原因がハッキリしている
耳鳴の治療のケース
・突発性難聴後におこる耳鳴りのケース
・1、2のケースであるが発症して半年以上が経過している場合など

数回で治るケースではありません。
1〜3ヶ月は必要となります。
はじめはどちらかの原因であっても長くその状態が続くことでどちらの治療もすでに必要になっています。治療時間も1時間半ほどかけできる限りのことをしています。もちろん養生も大事になり治療のみでは難しいです。亜鉛などの摂取もいいようです。最近では3のケースでも完治のケースもでてきており私としては今後も中国での研修を継続していく必要がある疾患の1つです。




◎突発性難聴の鍼治療

これらの疾患は西洋医学でもなかなか完治は難しいとされています。また西洋薬の場合ステロイドの使用など副作用の問題もあり大変であります。鍼灸を併用することで改善していくことが多々ありますので報告します。ポイントは耳門穴への刺鍼です。このツボに対して痛みをともわないようゆっくりと刺入します。すると耳の奥にズシンという感覚がでますのでそこで針を置きます。

基本的に突発性難聴の治療は発症して1ヶ月以内にはじめたいという当院の希望があります。遅くても3ヶ月以内です。半年以上たっている場合は鍼治療の効果は極端に少なくなります。耳鳴を併発している場合は耳鳴の治療をすることで聴力の回復をみる場合もあります。耳鳴や耳閉感を併発している突発性難聴はできるだけはやくに鍼灸治療をお受けください。1ヶ月以内の治療なら聴力の回復もじゅうぶん可能です。できれば2週間以内にはじめたいところです。

また突発性難聴の後遺症として耳鳴や頭のふらつきや頭痛などがみられますがこれは鍼治療によって改善していくケースがおおいですので聴力は全部回復しなくても良いという場合は発症して半年以上経っていても治療をお受けしていますのでご相談ください。もちろんですがこういうケースでノンビリと治療を続けることでの完治ケースもでてきております。

良くあるケースでは西洋医学単独にて2〜3ヶ月治療をおこない治らないから東洋医学にきたというケースです。ぜひ単独でなく西洋医学とあわせていただきたいと思っています。西洋と東洋があわさってもなんの弊害はなく逆にかなりの有効性と相乗効果なんです。
また患者さんや逆に治療家のかたからどちらが有効で治ったかわからないといわれることがありますがそれはどうでもいいことだと思っています。治すことが大事ですからあわせてやってもいいと思っています。針治療だけで治ったなどのデーターなど私たちにとって意味はあっても患者さんにとっては治らないとデータなんて何の意味もありませんから・・・それだけ難聴の治療は大変でしてすぐにでも治療をはじめてもらいたいのです。


◎メニエール病・めまい・たちくらみ・乗り物酔いの鍼治療

頚部の筋肉が痙攣すると平衡感覚に異常がでるという報告があります。頚部の筋緊張が椎骨動脈の血流や内耳の血流に影響を及ぼすと考えられています。ですのでまずは頚部を緩めることが大事になってきます。中医学的には肝経に問題があることも多く太衝などをとることが多いです。
この疾患も鍼治療で改善可能です。早期の治療開始を望みます。

メニエール病の多くは自律神経失調もいっしょにありこちらもいっしょに治療します。ですので自律神経失調症のページも後でみてください。耳鳴治療と自律神経失調の治療を併用することでほとんどの場合に効果があります。メニエール病は意外に多くの方が苦しんでいるのでぜひとも針灸をといいたいです。

意外にもメニエルの場合は針を弱くしないと逆に効かないのも特徴です。痛くなく治すのがポイントです。無理に首に針をすることで悪くなるケースもあるくらいですので注意がいります。恐がりの患者さんが多いのも特徴です。

症状としてはめまいの種類がポイントです。

・フワフワゆれる形でめまいがおこる方は弱めのタイプが多く上手に弱めの刺激が有効です。

・グラグラと回転してめまいがおこる方のばあいは弱いのですが的確に刺激をおくるのも特徴でツボにしっかりとあてる感じです。


当院でおこなう鍼治療のポイントは・・・

治療者側は的確にツボに打つことであって特に首前部は難聴に首後部や側頭部は耳鳴に効果的です。

肩こり系が強いなら間隔をつめながら治療をおこない自律神経系なら週1でじゅうぶんになります。基本的に集中的に治療をして短期で治るのは首肩こり系です。自律神経系は強度のストレス障害もあることが多いので治療後耳鳴が一時的に強くなる場合がありますがこのタイプは逆に間をあけて弱めの刺激にて治療しなければなりません。

肩こり系には打つ鍼を自律系には弱めに打つか当てるだけのシール鍼が効果的なようです。 自律系の方は基本的に体質的にも敏感で過敏な方が多いからだと思われます。

患者側は西洋医学だけでなく東洋医学もからめてあせらず急がず治療されることをすすめます。
肩こり系は急ぎますが自律神経系の場合は治療を急ぐことで逆に耳鳴が強くなりますので。
これは気持ちが先走ってあせっているからでしょう。早く治さないとと気だけがあせっている方も多いです
こういう場合こそ間をあけて気持ちをおちつけねばなりません。でももちろんですがあけることでさらに不安感が募り治らないケースがあることも実感します。ですので耳鳴り難聴の治療は非常に厄介なものなのです。

患者様から頂いた声
1、松鶴堂鍼灸治療院
 院長様
先日はいきなりの予約でしたが、
治療して頂きましてありがとうございました。
 早速ですが、治療後に変化がありましたので
 御礼かたがた、経過症状をお知らせします。
 今から思えば、3月が仕事、プライベート共に多忙であり、
 年齢を重ねるごとに疲れがとれにくく、
 ハードだったと反省しています。

 4月4日 夜間、目が覚めて頭の重さを感じていましたが、
      翌日1日は普通に行動しました。

 4月5日 夜間、夜よりひどく、左耳辺りが雑音あり
      熟睡する事ができませんでした。
      (高い山に登った時、又は飛行機で離陸した時に似ている)
 
 4月6日 朝一番にかかりつけ病院の耳鼻科にて診察を受け、
      聴覚検査の結果、左耳がまったく聞こえていない
      との事で、病名は突発性難聴でした。
 
      即入院をし、8日間位の予定でステロイドのお薬で
      点滴をして、症状をみましょうとの話でした。
      診察を待っている間に朝飲んだお薬をもどし、
      頭もボーとしていましたが、2日間ほど体を休めて
      様子をみて3日目の予約をして病院を後にしました。

 4月7日(土) 食欲なし。嘔吐の気配があり、横になる1日でした。
        薬も飲んでいません。水分だけはとりました。
        夜は熟睡できない

 4月8日(日) 朝、自然に目が覚める位ゆっくりして
        以前お世話になった松鶴堂鍼灸治療院の
        予約が夕方とれたので少し時間はかかりますが
        治療して頂きました。
        左耳の雑音が少し弱まり、夜間熟睡する事ができました。
        頭に鍼を2本そのままにして、4月9日朝
        針を抜いてから病院に行きました。
        聴覚検査の結果が午前10:30頃わかり、
        まだ左耳の雑音は発症時の3分の1位残っていますが
        右耳と変わらぬほど聞こえていました。
        自分でも不思議なので聞こえていた右耳をふさぎ
        片耳だけで回りの音、待合室のテレビの音を聞き
        聞こえ事を確かめました。
        入院の準備はして行きましたが、結果が良くなっていて
        入院はしなくて良いとの返事でほっとして
        次回予約をし、帰宅しました。 
4月23日(月)   しかし病院では鍼灸をしたと言えずに帰りました。


院長  その後この方の耳はほとんど正常近くまで回復しました。
    ぜひ皆様も諦めずに鍼治療をしてみて下さい。




岩国や福山市や呉市から突発性難聴の鍼灸治療なら






【女性スタッフの丁寧な問診・カウンセリング】

いきなり治療ということで躊躇されます場合はまずは無料カウンセリングを
オススメしております。またカウンセリング後の治療も可能ですので
まずはじっくりお話をしたい方は無料カウンセリングからの治療をとお知らせ下さい。
もちろんですが無料カウンセリングだけでお越しになることもできます。





スマホの方はこちらの
サイトが見やすくなります
(お得なクーポン掲載中)

↓↓↓↓





















●得意疾患

お顔のお悩みに美容鍼
産後の骨盤に骨盤矯正
腰、坐骨神経痛、膝の痛み
未妊・不妊・不育・妊活
ダイエット・痩身

頭痛(筋緊張性、偏頭痛)
首こり・肩こり
自律神経・うつ病・パニック
顎関節症
ホルモン調整・更年期
眼精疲労





岩国分院ブログ
Powered by RSSリスティング
治療体験記



【松鶴堂グループ】



●坐骨神経 ヘルニア
耳・目の疾患・難治疾患
には男性院長をおすすめ
20年の臨床経験実績








女性鍼灸と整体治療なら女性の患者さんが9割の松鶴堂鍼灸院の口コミ



〜患者さんのよく来る地域〜
東広島・西条・呉市・福山市・廿日市市・岩国市・竹原市・尾道市・三原市
岩国駅・大竹市・西岩国・南岩国・宮島・玖波・玖珂郡・錦帯橋・大野浦・江田島・周防・藤生・通津・由宇・大島郡・神代・大畠・柳井・田布施・下松市・周南市・徳山・防府・山口市
・宇部市・山陽小野田市・下関市・
川西・錦帯橋空港・米海軍海兵隊
岩国基地・新岩国・麻里布町・今津町・山手町・砂山町・立石町・昭和町
・元町・三笠町・川口町・桂町・日の出町・飯田町・立石町・川下町・光市